ページトップへ

みんなの車検みんなの車検「私の車検体験談」

マッハ車検陣原店LINEご登録でお得な情報ゲット!

車検WEBクーポンはこちら

お得情報を広告で確認

みんなの車検

「私の車検体験談」

  • 01.車検は本当に高いの?~ユーザー車検に挑戦してみた体験談~

  • 車検時期が近付くと「お金がかかるな」と憂鬱になりませんか?

    当時私が所持していたのは軽自動車でしたが、それでも業者やディーラーに依頼すれば法定費用込みとはいえ7~8万円位はかかってしまいます。point
    2年に1度とはいえ痛い出費だと思っていました。

    • とはいえ車検を通さないわけにもいかず、どこの業者にお願いしようかといろいろ調べているときに【ユーザー車検】という言葉を見かけ、思いついたのです。
      「そうだ、自分で車検を通せば法定費用だけで済む!」

    私は決して自動車に詳しいわけではありません。
    運転は大好きですが機械音痴なので普段の整備はディーラー点検程度です。
    それでもユーザー車検を行おうと決心できたのは以下の理由からでした。

    1.普段からディーラーで小まめに点検を受けていた。 point
    定期的にディーラーで点検をしてもらい、何かあればその場で対応してもらっていました。
    つまり車検だからといって特別に構えて点検をする必要が少ないと考えたのです。
    2.所持していたのが軽自動車だった。
    調べたところ、普通自動車と軽自動車では車検の流れが違うようでした。
    普通自動車ではユーザー車検は知識がなければ大変かな?と感じたのですが、軽自動車であれば各地区の軽自動車検査協会の車検場に持って行けばどうにかなりそうと思えたのです。
    3.平日に時間がとれる状況だった。
    支局によるのかもしれませんが、私の最寄りの軽自動車検査協会の車検場では平日のみ受付可能とありました。当時は、仕事の関係で平日休みだったのもユーザー車検に挑戦するきっかけになりました。

    いざ車検当日!
    窓口では緊張して戸惑いつつも、なんとか手続きを進めることができました。自賠責も軽自動車協会でその場で加入することができます。

    書類に何箇所か印を押すところがありましたので、自分の印鑑は必ず必要です。
    業者にお願いすると、必要な書類がそろっているかをスタッフが確認してくれますが、ユーザー車検では当然のことながら自分でキチンとそろえなくてはなりません。特に納税証明書は案外紛失しがちかと思いますので要注意です。万が一紛失していた場合は担当窓口にて再発行してもらわなければなりません。

    • 窓口で手続きを済ませた後は検査コースへ。コースへは自分で運転して入り検査してもらいます。
      各地点にいる検査官の指示に従ってウインカーを出したり空ぶかししたりすればいいのですが、初めての事なので大変緊張しました。

    しかも後ろに控えているのは車検代行業者(つまり車検に慣れている人たち!)ばかり。検査官の指示が聞こえず手こずってしまった時はイライラさせてしまっている気配があり焦りました。幸い私はどの検査にも引っ掛かることなく無事クリアすることができましたが、とても気疲れしたのを覚えています。

    ユーザー車検の一番のメリットは車検が法定費用だけで済んだ点です。ただしこれは普段から点検整備を小まめに行っていたからです。point
    そして大きなネックは「平日のみの受付」ということです。今の私は平日になかなか身動きが取れないため業者にお願いして代行してもらうのが良い状況です。

    今回ユーザー車検に挑戦してみて、普段経験できないことを経験できたということは面白かったです。ただ、やはり命を預ける乗り物であること、中身が見えないこと、という点では2年に1度きちんとプロの目で自分の愛車を点検してもらうというのはとても大切だと思います。(ユーザー車検では車の内部の点検はしてもらえません)
    今回は何事もなく終わりました。とは言え慣れない事ばかりで、正直かなり疲れました。
    なので、次回からは安く安心してお願い出来るところを探して頼むつもりです。普段から車の事で相談にのってもらえるような「行きつけの整備工場」が見つけられたら良いなぁと思っています。

    定期的にディーラーで点検をしてもらい、何かあればその場で対応してもらっていました。

  • syaken01
  • 02.車検や整備にかかる費用

  • 車検の有効期限は、新車は3年間、それ以外は2年間となっています。
    (営業用の車種は1年おきの車検が必要です)

    我が家では「新車で購入し今年で7年目のエルグランド」と「中古購入で6年目のEKワゴン」を所有しています。2台とも自家用の普通車なので車検の有効期限は2年間です。

    エルグランドを新車購入して、最初の車検は日産のディーラーに依頼しました。
    購入した場所が一番良いかなと思ったことと、オイル交換と洗車が無料だったこと、何よりディーラーという安心感です。

    私はメカやメンテナンス等の経験があり、ある程度のことは分かるので、自分で車検を受けるユーザー車検もできます。ユーザー車検は確かに安く、point
    問題無く合格できればエルグランドクラスでも8万円程で車検が受けられます。ですが、今後も継続して車に乗ることを考えるとプロの目で整備をしてもらった方が安心だと考えました。

    もう1つの心配は、ユーザー車検の場合は車検証に「ユーザー車検」と記入されてしまうため、今後売却する際にマイナスになる可能性はないのか?という不安です。その点、ディーラーや他の車検ショップなどなら、車検証にユーザーとは記入されず整備書類もついて安心してもらえそうです。

    基本的にディーラー車検は、今後2年の間に消耗してしまう部品などは新品に交換しましょうと言う考え方です。なので、何も言わずに全てをお願いすると、想像以上の料金になることがありますので注意が必要です。
    私も過去に10年目のハイエースをディーラーに出したところ車検に掛かった費用が45万円にもなり、びっくりした事があります。それまでの整備や部品の交換状況などにもよりますが、こんな高額になることもあるのです。

    • 今回は新車購入後3年目なので、そんなに高くならないとは思いましたが、念のためディーラーの担当者には「パーツ交換が必要なときは連絡下さい」と伝えておきました。
      最初に、ある程度の金額を提示されるので、その金額をオーバーする際は連絡をもらった方が良いと思います。

    私のエルグランドは、ブレーキパットのみの交換でしたが少々予算オーバーの14万円でした。

    今回は、新車で購入して初めての車検でしたのでディーラーを選びましたが、やっぱりちょっと高いなっていう印象です。point
    次回は、安くて安心な車検ショップを探してみたいなぁと思っています。

  • syaken02
  • 03.車検について気になったことについて

  • 今回は自家用車の車検を受けてきましたので、車検について「気になったこと」ということで記述、考察をしていきたいと思います。

    まず個人的に気になった事は point
    軽自動車から普通自動車に乗り換えたことで、どれほど料金が違うのか?ということです。車検とはそもそも、車を所持している限り受け続けることが義務付けられている制度で、その費用は車の大きさや車種、状態、車検を請け負う業者さんによっても変わってきます。

    車検費用としては、法定費用と基本料の2項目で構成されていて、内訳は以下のようになっているようです。
    1.法定費用(自賠責保険料、重量税、印紙代)
    2.基本料 (24ヶ月点検、整備費用、検査代、代行手数料、など)

    法定費用に関しては、車検業者さんや車の状態に関わらずどこで受けようとも金額は一定です。
    自賠責保険は車の大きさとはあまり関わりなく26,000円〜28,000円ほどで、そこに重量税が足されます。ここで車の大きさによって5,000円〜10,000円程の差が出てくるのですね。
    ちなみに検査手数料という項目でも多少お金がかかるのですが、こちらは一律1,100円で車種や大きさによっては変動がありません。

    • 基本料に関しては、車検業者さんや車の状態により差が出てくる項目です。
      車の状態が悪くパーツ交換などが多いと追加整備が増えるため、その分上乗せされていくようなイメージです。

    次は点検、整備費用についてです。

    こちらは業者さんによって変わるので point
    ざっくり私が見積もりを取った時のイメージです。
    1.ディーラーの点検、整備費用 70,000円〜80,000円
    2.整備工場の点検、整備費用 50,000円〜80,000円
    3.カー用品店の点検、整備費用 60,000円〜70,000円
    4.ガソリンスタンドの点検、整備費用 50,000円〜70,000円

    もちろん別途修理が必要な箇所に関してはその分の追加料金が発生するのは前述の通りで、上記の料金に技術料や部品代金が追加されることになります。部品の交換についてはパーツによって交換の目安や費用が大きく違ってきます。

    次にそれぞれの場所で車検整備をするにあたってのメリットデメリットをまとめてみました。

    1.ディーラーの点検、整備
    メリットとしては、信頼性の高さがまず挙げられるでしょう。質の高い車検が受けられることは保証されます。また、土日に営業していることも嬉しいポイントですよね。
    パーツが充実しているので、それがそのまま車検の質の高さにつながっていますが、一方でそのサービスの質の高さがそのまま料金の高さにもつながっています。
    2.整備工場の点検、整備
    ディーラー以上に幅広い車種に対応しており、技術も口コミを参考にすれば腕のいい職人さんに出会えます。料金は多少抑えられますが point
    金額やサービス、技術については業者によってかなり差があると思われます。
    3.カー用品店の点検、整備費用
    料金とサービスのバランスがいいので、迷っている人はお手軽に頼んでしまうこともできます。
    4.ガソリンスタンドの点検、整備
    カー用品店よりさらにお手軽に車検整備ができます。
    24時間営業をしている場所も多いので本当に便利!車のコンビニです。しかし、代車などのサービスは無いところが多いようです。

    このように自分で見積もりを取って実際に調べてみて、はじめて軽自動車と普通車の車検料の違いと理由、業者による違いを知ることができました。
    これから車検を受ける方の参考にしていただければ幸いです。

    軽自動車から普通自動車に乗り換えたことで、どれほど料金が違うのか?
     

    私が見積もりを取った時のイメージ
     

    金額やサービス、技術については業者によって・・・

  • syaken03
  • 04.車を買って初めての車検を通して経験したこと

  • 前回受けた「初めての車検」についての思い出です。

    私はH25年に新古車として、5年ローンを組みH24年式のワゴンRを買いました。
    車を買って初めて分かったのですが、車を維持するのも大変なのですね。ガソリン代以外にも、オイル交換や部品の交換も必要で、年に1回支払う自動車税、2年に1回の車検など、私自身の給料では綱渡りのような出費です。 point
    少しでも車検の料金を減らしたかったのですが、どうしたら安くなるのか全く見当もつきませんでした。

    まずインターネットでディーラー車検を調べ、値段の額にびっくりした思い出があります。しかし、様々なサービスを売りにしており、安全であるということ、見積もりは無料と書かれていたので実際に調べに行ってきました。軽自動車は普通車に比べてそんなにかからないのかと思っていたのですが、見積額が10万円を越え、私の現在の給料では到底払えないと感じたので、別の所で見積もり査定をしてもらうことにしました。

    • 次に近所のガソリンスタンドで見積もり査定をしてもらいました。ディーラー車検に比べれば比較的安かったのですが「意外と高いな」というのが印象でした。

    そこで、同じ職場の方に相談をしたら、知り合いの整備屋さんにお願いして見積もりを取り寄せてくれました。多少無理をしてくれたのか少し安くなっていましたので、自分の住んでいる市からは少し遠かったのですが思い切ってそこにお願いすることにしました。

    当日、知らない土地だったこともあり少しビクビクしながら行ってみると、気さくに声をかけてくれてその場で色々な説明を行ってくれました。
    別途料金がかかる作業については「省けるもの」「必要なもの」を話して頂き、自分で選ぶことができました。

    「1日で終わるから」との事で、近くをぶらぶらして待つこと数時間。連絡をもらって車をとりに行きました。 point
    初めての車検でしたし、何か不具合を発見したら別途修理費がかかると言われていたので、少々不安に思っていたのですが何事もなく、知り合いからの紹介だったからとオイル交換も無料で行ってくれる等の優しい対応で嬉しく思いました。

    支払いはクレジットカードを利用させていただきました。
    クレジットカード利用機能を導入して、初めての利用客が私であったため使い方がよく分からず、従業員さんと私とで説明書を見ながらお支払したのはいい思い出です。そんなアットホームでとても感じの良い整備屋さんでした。

    今年も車検があるのですが、最近引っ越してきたこの土地で、思い出の整備屋さんのように安心してお任せできる整備工場を見つけたいと思っています。

    少しでも車検の料金を減らしたかったのですが、どうしたら安くなるのか全く見当もつきませんでした。

  • syaken04
  • 05.車検見積もり額の差とサービス

  • 私は2014年に新車でFit3ハイブリットを購入し、2017年1月末に初めての車検がありました。
    その際の経験や出来事をこちらに書いていきたいと思います。

    まず、見積もりは1月始めぐらいから4社で取りました。車検に出す車と4社の情報は以下の通りです。

    • 車種…Fit3ハイブリット
      車検状況…初回車検
      事故歴の有無…なし
      乗っていて気になるところ・損傷…なし
      走行距離…7.5万km

    【1】ホンダの購入先ディーラー…以下ディーラーと記載
    【2】以前乗ってた車を車検に出していた自動車整備会社…以下A社と記載
    【3】以前車の修理をお願いした自動車整備会社…以下B社と記載
    【4】ネットで見つけた好評な自動車整備会社…以下C社と記載

    元々は以前と同じA社にお願いしようと思っていたのですが、車の修理でお世話になったB社も対応がかなり良く、家族がネットで見つけてくれたC社と、DMの営業があったディーラーの4社から選ぶことになりました。 point
    車検の見積金額は大まかですが以下の通りです。(車検を通すのに最低限かかる金額)

    • ディーラー…8万円
      A社…9万円
      B社…10万円
      C社…6万円

    A社・B社は車で行くと、少しチェックしてその場で見積もりが出ました。
    ともに、初回にしては走行距離があり過ぎることから金額が高くなっている旨を説明されました。

    C社はネットで情報を入力するとメールで見積りが送られてくるシステムになっていましたが、
    消耗品などについても金額が心配でしたので、直接行って車を見てもらってから見積りを出してもらうことにしました。その際「恐らく初期不良でオイルタンクからオイルがにじみ出ている」
    「今のタイミングならまだ初回車検を通していないのでディーラーで無料修理できるはず」
    と言われたので、その足でディーラーへ行きました。

    ディーラーでその旨を伝えたところ、半信半疑な雰囲気を感じましたが、実際に見てもらうとC社で指摘された通り「間違いなくタンクをつなぎ合わせてる接着部分の初期不良」と判断されました。タンク自体が悪いので修理できる専門のところに修理に出すしかなく、数日代車で過ごすことに。早めに動いていたのでその間に車検が切れるという事はありませんでしたが、 point
    もしもギリギリに動いていたら・・・と考えると改めて早めの行動をしていて良かったと思いました。

    2週間後(車検が切れる1週間前)ディーラーから車が戻ってきたので、いざ車検先を決める段階です。見積もりの段階からキチンと車の下面まで見てくれていたこと、実際にそれで初期不良を見つけてくれたこと、見積もりが安いことなどから、C社で出す以外の選択肢は無くなりました。

    見積もりの時点で「必ずかかる金額」と「プラスアルファで行っておいた方がよさそうな項目の金額」のどちらも記載があったので、車検に出す前にどこまでやるかを選ぶことができました。あくまで「見積り」で、細かいところまですべてを見るわけでは無いので、追加が発生することもあるようですが、C社の店員さんからは「せっかく来て頂いたので、出来るだけ見積もりと実際の車検金額に差が出ないようにさせてもらいました」と言われました。
    最終的に最低限の6万+行っておいた方がよさそうな自分で選んだ項目(ワイパーなど)5000円ぐらいがかかった金額です。

    車検を通して素晴らしい整備士の対応があり、その後の利用につながるようなアドバイスなども頂いたことから、その後のオイル交換やエレメント交換もC社にお願いするようになりました。車にあまり詳しくない私個人の意見としては、 point
    特定の店が車に関する様々なことに対応してくれるのが心強く、次の車検もそのC社を使うことになると思います。
    皆さんも信頼できる自動車整備会社を見つけられると良いですね。

    特定の店が車に関する様々なことに対応してくれるのが心強く・・・
    信頼できる自動車整備会社・・・

  • syaken05
  • 06.この車検屋さんと出会い、車への愛着心が変わりました。

  • 車検の時期になると、憂鬱になり我が家のお金の勘定が始まります。
    「このタイヤの摩耗具合は車検時に交換かな」とか、あそこもここもと point
    心配になったり、車検費用が一律ではないので「もし予想以上の出費になったらどうしよう」とついつい悲観的になってしまいます。
    ディーラーは安心で間違いはないのですが高価なイメージがあります。近所にある民間の修理工場も、過去に車検をお願いした事がありましたがかなり高価でした。ガソリンスタンドもいいのですが、タイヤ交換は高価なタイヤしか置いてなかったりで、車検プラスアルファのアルファの部分で、かなりの出費になってしまったことがありました。
    そんな事から、いつの間にか車検は高価と言うイメージが出来てしまい、車検が近づくと毎回慎重になります。

    • そんな時、試しにネットで近くの車検屋を探してみる事にしました。すると、意外と何軒もあるのにビックリ。さらにネット申込での割引がある店、アフターサービスの良い店に絞り検索すると、自宅から車で20分の場所にある車検屋さんを発見!表示している車検費用の安さをやや疑いつつも、そのお店にお願いすることに決めました。

    私の車検屋さんに対する今までのイメージは、車を持って行き、書類にサインをし、代車を借りて、車検終了日に引き取りに行くと言う「事務的に行うルーティン」でした。それで全然問題ありませんでした。
    しかし、今回ネットで探した車検屋さんは、とにかく明るい社風で、会う方、会う方、みんな笑顔で対応して頂いた事に、まずびっくりしました。待合室には、テレビがついていて、雑誌も置いてあり、無料のドリンクメニューで飲み物を選ばせて頂きました。置いてある雑誌もファッション誌から家電誌、車関係と充実していて、待っている時間も退屈しない様にとの配慮が隅々までなされていました。

       point
    実際の整備に入る前には丁寧な説明がありました。車検費用もホームページに表示されていた金額とほぼ同一で、後は交換部品やオイル関連の補充などをプラスすると言うものでした。

    そして問題のタイヤです。心配していた通り交換が必要との事でした。
    担当の方は、私の予算を聞き、奥からタイヤリストを持って来て、その中から選べるようにしてくれました。

    • カタログには安価なものから高価なものまでありましたが、高価なものは燃費が良くなること、そして私の車がどれほど燃費が良くなるかと言う平均値まで出して解説してくれました。その説明もあって、タイヤは中の上を選びタイヤ交換の運びとなりました。もし説明がなかったら、一番安いタイヤにしてたと思います

    そんな説明を聞かないお客様もいるとは思いますが、街乗りが多いのか、高速道路は良く使うのかなどを確認した上でのわかりやすい説明には、これもこの会社のサービスの一貫なのだと関心しました。このお店のリピーターが多いと言うレビューにも納得です。

    待っている間の配慮、丁寧な説明、そして皆さん笑顔でいい雰囲気、真心と言う言葉が似合うお店でした。見えるサービスは勿論、見えないサービスこそ、真のサービスなのだと感じさせてくれました。

    車検は2年に1度の人間で言う人間ドックの様なものです。だからこそ健康な車で戻して頂いたお店の方を通じて、車検は大事と言う事を再確認させてくれました。以降、今まで定期点検などやった事がなかったのに、今ではこのお店で半年に1回の定期点検を行っています。
    このお店と出会い、車への愛着が変わった様に思います。

    「もし予想以上の出費になったらどうしよう」とついつい悲観的に

  • syaken06
  • 07.外車の車検について

  • 車の車検というと、どんなイメージを持ちますか?
    私の場合はとにかくお金がかかるなぁ・・・、というイメージを持ってしまいます。皆さんも大体そんなイメージじゃないでしょうか? でも、車検はとても大事な事だと思います。
    車は人やモノを運んで目的地まで移動できる便利な乗り物ですが、大きな鉄の塊が燃料を燃やして動くので、車には相応のストレスがかかります。また、ブレーキなどをはじめ、消耗してしまう部品もあります。車検はストレスのかかった車をきちんと点検するうえで大切なイベントだと思うのです。もし、十分なメンテナンスをしていなかったら?

    • 例えば車が故障して動けず、その日の予定が台無しになるかもしれません。また、整備不良で事故が起きてケガをしてしまうかも。もしかしたら相手を巻き込んでしまうかも・・・最悪の場合、整備不良が元で死傷者が出るかもしれません。

    そんなことが起きないようにするのが車検なのではないでしょうか?(もちろん、法定定期点検も大事だと思います)。

    それはさておき、私には乗りたいなぁと憧れていた外車がありました。それは初代の「シトロエンC4ピカソ」です。外装はほかの車にはない、優雅な丸みを帯びた芋虫にも似たデザイン。内装はソファーの様なボリュームのあるシートに、頭上まで伸びているフロントウィンドウ。ATのレバーはハンドルコラムにちょこんと生えたレバーで操作するなど、本当にアバンギャルドなデザインでした。新車は高かったのですが、この手の車は値落ちが早く、手ごろな価格になってきたので、ついに手を出してしまいました。            point
    あこがれの車を入手して大満足だったのですが、ひとつ気になっていたのが整備に関してでした。
    外車は国産車と比べ部品の耐久性は低く、頻度を高めにメンテしないとトラブルが出やすいです。また、国産車と比べ、      point
    変なところが壊れやすいので、その国の外車に精通している整備工場が良いのです。
    購入した車は中古車屋さんのモノで、ディーラー認定では無かったので、ディーラーに持っていくのは気が引けました。そこで、整備工場を探すことにしました。
    程なくしてイタリア車・フランス車専門に整備をしている工場を見つけることが出来ました。試しに訪問し、話をしてみました。愛想はあまり良い感じはしないですが、話をしてみると専門にしている車はたくさん診ていて、たとえば車が壊れて、普通では部品交換はアッセンブリ交換になるところを、部品を分解して一部を交換、早く安く直せるなど、車には精通している様でした。
    なので、こちらの整備工場に車をお任せすることにしました。

    • 車を購入してから程なくして、車検がやってきました。外車は先ほどの通り、きちんとメンテナンスをすることが重要です。  point
      私は将来のトラブルもなるべく未然に予防できる様、手厚い整備を希望しました。車は1~2日ほどかけて、じっくりと隅々まで点検していただきました。

    結果は・・・
    〇定期的に替える消耗品のほかに、テールランプやストップランプの電球について、切れてはいないものの、ウィンカーランプは黄色がほとんどはげ落ちているとのことで交換を提案していただきました。
    〇エンジンマウントは、ひび割れとへたりが多いようで交換を進められました。
    〇ステアリングはセンターがわずかにずれていたようで、指摘していただきました。
    以上、すべてを交換・調整し、費用は20万ほどかかりました。
    普通の国産車の感覚だと、ちょっとした大物が壊れないとこの金額にはいかないので、高いと思われますが、将来の安心を買っているのだと考え私は満足しています。

    それ以降、頻繁に乗っていますが、特にトラブルはありません。もちろん1年に一度法定点検もしています。皆さんも車検の際ばっちりメンテナンスを行い、安全で快適なカーライフを送りましょう。

    ひとつ気になっていたのが整備。外車に精通している整備工場が良い

    将来のトラブルもなるべく未然に予防できる様に手厚い整備を希望

  • syaken07
  • 08.車検は通貨儀礼。お客様との信頼関係を推量るモノサシ

  • 自動車販売をしていた私にとって、新車や中古車を販売するのには、時節的な機運による販売と、
    足で稼いで見込み客を見つけて販売に結び付ける場合とに大別される。簡単に言えば、ボーナス時期、新型車の発表時、決算在庫処分期には、お店で待機しながらお客様の呼び込みをすれば良いし、担当している地域の顧客を訪問しながら、見込み客を誘致するやり方もある。どちらの場合も成約に至れば同じように嬉しいものだ。
    お客様とのお付き合いもそこから始まって行くのが、自動車販売の醍醐味でもある。

    • どちらかと言うと販売後のアフターフォローの方が大変と言えばそうかも知れない。究極的には、自分で販売し、フォローアップをした上で新しい車に代替えしてもらう。リピート販売が一番楽なのである。つまり、お客様を良く知った上で、然るべき時に、好みの車をおススメできる。業界の言葉で言うなら「計画販売」となるだろう。

    そこまでが営業としての仕事の範疇になるのだが、自動車という商品の特性でもある。昨今は同じ商品でも「安い方で買う」という割り切った人間関係が出来てしまったので、昔の様に「この人から買う」と言う事も少なくなった。世の中の流れと言えばそれまでだが、若干の寂しさもある。
    車検毎に新しい車に代替えしてくれるお客様もだいぶ減少し、新車を販売できるチャンスも格段に減った。メーカーも若者の自動車離れを危惧していて、如何に魅力的な商品を開発するかに焦点を絞っている。

    商品と書くと自動車それ自体しか想像しないかもしれないが、  point
    アフターサービス・メンテナンスもその「商品」の一部に含まれると言って良い。
    何だかんだ言っても「自動車」は人が作り出した「モノ」であるから完璧ではないし、不具合も当然のように起きる。昔に比べれば商品の精度も上がり、メンテナンスに関しても突発的な不具合さえなければ、何の滞りもなく終了する。
    変な話だが、お客様はメンテナンスの予約をし、来店してコーヒーを飲み、ゆっくりと時間を過ごしている間に「お待たせしました」と請求書が手元に届けられ、一応の整備状況と状態をメカニックから話を受け、奇麗になった自らの車に乗って帰路に就く。
    車検証は後から郵送される場合もあれば、親切なところは営業マンが届けてくれる。車検後の調子伺いも兼ねてである。これも今やパッケージングされたサービスと言って良い。
    冷淡な言い方だが、これらは「当然」の事であり、お客様の要求するレベルも高い。一寸神経質な程の要求もしてくる。もう少し言えば、その悪い所を突いて値引きを迫られる場合もある。何台も買ってもらった信用しきっているお客様でさえ、本音を言えない場面も時としてある。世知辛いがそう言う商品になってしまった。

    新型の自動車を購入する時、長年使用し愛着の生まれた自動車を手放す時には、感動や嬉しさ、悲哀や寂しさを感じるが、車検はどちらかというと通過儀礼的な意味合いしか感じない。
    難しいのはそこに感動やストーリーを見出せるか。それだけの演出が可能なのか。メンテナンスをする側もそうだし、それを受ける側もそうだろう。「お客様。ブレーキのこの部品が欠損していて、このまま走っていたら衝突事故を起こすところでしたよ。運が良かったですね。」「バッチリ整備しておきましたからもう大丈夫です。」と、投げかけたところで感動してもらえるのだろうか?逆にクレームものになって仕舞わないだろうかと不安もよぎる。

    • 通過儀礼的な要素である車検においては、スピード感を持って対応していく事は「45分車検」に代表されるように時代のニーズだとは思うが、そのスピード感に感動を覚えてもらうには購入してから始まるフォローの丁寧さと共に、掛けた時間・手間と信頼関係が構築されているからこそ生じる訳で、今の時代はイレギュラー対応に迅速に動けるかが重要になってくるし、  point
      トラブルが起きてからの対応がその後の信頼関係や信用に関わってくるのかと感じる。

    車検は単なる通過儀礼としてではなく、云わば、お客様と整備する側とのテスト見たいなものとして捉えれば、また違った経験が出来るのかなと感じています。

    トラブルが起きてからの対応がその後の信頼関係や信用に関わってくる

  • syaken08
  • 09.気になる車検の費用、必要な項目とは

  • これまで、何度か車検をお願いすることがありましたが、ほとんどの場合、親切な対応に感心させられました。車検は車に異常がないかどうかを丁寧に点検しなければなりません。ある業者には、法定の点検だけでなく、細かい傷を無料で修理してもらったことがありました。
    また雪の時期に、冬用タイヤの交換方法などを丁寧に教えてもらったこともありました。
    その時のやりとりを通して、業者の方はやはり車のことが好きなのだということを実感したものです。

    • 車検の料金は、その車種によっても異なってきます。
      たとえば、以前軽自動車のラパンに乗っていたことがありましたが、軽自動車は法定費用として3万円以上が必要となります。この法定費用は自賠責保険と重量税、そして印紙代の合計です。この法定費用の他に、5万円から8万円の費用がかかるといわれています。

    そして軽自動車よりも普通自動車のほうが車検費用は少し高くなります。これは自賠責保険や重量税が高くなるためです。また、車検自体の費用も、軽自動車よりも数万円ほど高くなる傾向があります。そして、どうしても最初の車検より、2回目、3回目の方が料金も高くなるようです。

       point
    こうした車検の費用は、業者によっても異なってくるようです。
    たとえば、ディーラーのほうが、整備工場やガソリンスタンド、さらにはカー用品店などで車検を頼むよりも、少し高くなる傾向にあります。
    ある業者では、車検に日数がかかる場合でも綺麗で新しい代車を用意してくれることがありました。また、車検の待ち時間に、コーヒーなど飲み物のサービスがあることも珍しくありません。丁寧な点検や、細やかなサービスで差別化を図っているのかもしれませんね。

    • 車検のたびに頭を悩ませるのが、 point
      どの範囲まで交換が必要かということです。例えばエアコンのフィルター交換が必要なのかどうか?など。もちろん交換するに越したことはないのでしょう。

    ただ車検の項目に含まれておらず、一般のドライバーでもできるようなことは、どこまでをお願いした方が良いのか判断がつかないことがあります。そんな事も気軽に相談できて親身になって対応してくれる業者さんはありがたいですね。

    長く同じ車に乗り続けているため、部品によってはどうしてもいたんでいるところが出てきます。特に気を付けたいのは、エンジンやバッテリーです。
    車検の際も、必要に応じてバッテリーの交換をしてもらっていますが、あるとき外出中に故障したことがありました。車を駐車して、しばらくたってエンジンをかけようにも、まったく作動しなくなってしまいました。そこで、いつも車検をお願いしている業者に電話をしたところ、店舗から外出先まで修理に来てくれたのです。原因はバッテリーの老朽化でした。いつも車検をしているからということで、修理の工賃は無料になりました。
    やはりそこは信頼関係なのでしょうか?長く車検をお願いしている業者の方が、いざ故障したときなどの対応は丁寧で親切であると感じています。

    車検のたびに頭を悩ませるのが、どの範囲まで交換が必要かということです。

  • syaken09

車の事が気になったらいつでもお問い合わせください!

マッハ車検陣原店
マッハ車検陣原店
マッハ車検陣原店

マッハ車検陣原店

福岡県北九州市八幡西区陣原2丁目9-25
TEL:093-644-0505 FAX:093-644-0508
※定休日/毎週水曜日